So-net無料ブログ作成
検索選択

Alice in Wonderland [tous les jours<毎日>]

Oh dear !
Oh dear !
I shall be
too late !

mini-DSCF7764.jpg


8月3日までJR名古屋タカシマヤで「不思議の国のアリス展」が行われています。
昨日たまたま名古屋駅にいた私は友人と一緒に行ってみることにしました。

mini-DSCF7765.jpg

一歩、会場内に入ると、不思議の国の仲間入り。
本当にアリスの世界なんですよね。

今回初めて知ったのがアリスに実在したモデルがいたということ。
アリス・リデルという子だったそうですが、ルイス・キャロルが彼女にせがまれ即興で物語を作り、
また、彼女に『地下の国のアリス』という手作り本をあげたのが、全ての始まりだったとか。
そのアリスさんの写真もありましたが、本当にかわいらしかったです。
『不思議の国のアリス』の出版してから何年か後、
キャロル自身が手書きの字を使った本を出版したらどうかと考え、
その頃もうどこかに嫁いでいたアリスに手作り本を借り、すべてのページを写真に撮り、
その写真そのままを印刷したものが『地下の国のアリス』初版本だったようです。
キャロルの字がとても綺麗で、そして題字(本の表紙)のレターリングがあまりにも素敵なので、
友人と2人ですばらくじっとその本を見つめていました。

mini-DSCF7775.jpg

これはチラシを撮ったものなんですけど、イラストもキャロルがやっているんですよね。
字だけでもイラストに見えるように書いてあるところもあって、
本当にこれは読むのが面白いんだろうなあと思います。

mini-DSCF7773.jpg

題字だけをアップで撮ってみましたが、
もともとチラシの中でも小さく載っているものなので、綺麗に撮影することはできませんでした。
少しだけでも雰囲気が伝わるといいのですが。

mini-DSCF7766.jpg

会場のところどころで写真撮影可能の場所があります。
大事な展示品を撮影してほしくないから、という思いから設置されていたんでしょうけど、
子連れのお母様が1人色々な展示品を携帯で撮っていたので、あまり意味がないような…。
(会場内に何人か警備員がいましたけどね。)

1番最初の写真と少し違うところがあると分かっていただけたでしょうか。
1番右端にいるアリスに注目してください。
体がぐるぐる回るよう作られているので、アリスの位置が違うのです。
ちょっと面白いですよね。

mini-DSCF7768.jpg

こちらの写真は「おかしなお茶会」ですよね。
記念写真を撮れるよう椅子がありました。
このアリスさん、ちょっと機嫌が悪いのは分かりますが、もう「怖い」(苦笑)。

キャロルのことだけではなく挿絵を担当したテニエルに関する展示もありました。
もともとテニエルは版画が好きだったようで、彼の版画も公開されていました。
実際に印刷された紙とその印刷されたものとは絵が違うようだったけど、
彫られている木(版画のもと?)もありました。
細かい部分まで木を彫っているのがよく分かって、ただただ凄いなあと。

またテニエルの絵を使って『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を紹介するコーナーも。
デカデカとテニエルのイラストが見られるのは嬉しかったし、
アリスの世界に私もいるのかなあとつい思ってしまう、という錯覚もあって良かったです。

それから、アリスの挿絵をテニエル以外にも色々な人がやっているので、
その挿絵の展示もありました。
…その中にもダリやマリー・ローランサン、ムーミンのトーベ・ヤンソンも。
ローランサンの優しそうな挿絵、ヤンソンのワクワクさせるような挿絵が凄く素敵でした。
しかし、私が特に凄いなあと思ったのはダリの描くアリス。
アリスは彼が描くとこのようになるのかという驚きがありました。
何重ものヴェールによって挿絵の表す意味を隠しているかのような、そんな絵でした。
ダリがアリスを描いた絵のある本は200部限定らしく、プラチナものです。
それを少しでも見られた私は幸せだなあと、つくづく思いました。

mini-DSCF7769.jpg

このモニュメントの周りにはたくさんのアリス像、うさぎ像、三月うさぎ像がありました。
私がキュンときたのはうさぎ像。
うさぎ像は2、3個あったのですが、
そのなかでもトランプみたいな服を着ているのがかわいかったです(笑)。
うさぎの毛がほわんほわんしていて触ったら気持ちいいんだろうなあと。
他にも印象的だったのがアリス像。
こちらも2個ありましたが、私は豚を抱いているアリスに目が点となってしまいました。
アリスと豚の組み合わせが珍しいなあとつい考えてしまって。。。
私自身怖そうだという理由で読んだことのない『鏡の国のアリス』では、
そういう場面があったのでしょうか。興味がありますね。

ではでは。
この展覧会に行って、本当に良かったなあと思います。

nice!(4)  コメント(7) 

nice! 4

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
marine

くらいふさん、夢空さん、nice!をありがとうございます。
by marine (2009-08-03 08:53) 

Inatimy

楽しそうな展示ですね~。
来年、ジョニー・デップが出演するディズニー映画
「Alice in Wonderland」があるそうで、それもとっても楽しみ♪
by Inatimy (2009-08-04 00:39) 

marine

本当にどんな人でも楽しめるような展示となっていました。
全国各地でやってくれたらいいのに、なんて思います。

ジョニー・デップさんがアリスに出演されるんですか~!!
まずディズニー映画としてアリスが選ばれたことにも驚いてしまいました。
デップさんがどのような役柄で登場されるのか楽しみです。
私の希望は、あのおかしなお茶会に出てくる人たちの誰か、かな。
私もできれば観に行きたいです。
by marine (2009-08-04 16:44) 

Roseblanche

アリス大好き♪
何もかも可愛いと思うの。
by Roseblanche (2009-08-04 21:29) 

marine

アリスはかわいいよねえ。
確かお母さんはめちゃアリス好きやったよね!!
なんだか分かるわ~。
私の友人にもめちゃアリスファンの子がいるよ。
by marine (2009-08-05 00:10) 

のばら

「不思議の国のアリス」は、中学か高校のとき 娘の使っていた英語の教科書に 載っていたような・・・いっしょになって 改めて 読んだ覚えが あります。
大阪でも やってくれたいいのにな・・・かわいいアリスに会いたいわ(*^^)v
by のばら (2009-08-06 18:12) 

marine

>のばらさん
コメントが遅くなって申し訳なかったです。
「不思議の国のアリス」は子供から大人まで楽しめる物語ですし、
私の友人にもアリスファンの子がいます。
(彼女は現在留学中のためその展覧会にいけませんでしたが。)
関西でもやってくれるといいですね。

by marine (2009-09-19 18:27) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。